女性の体は毎月の月経周期によってコントロールされ、女性ホルモンの分泌周期と密接に関係しています。1ヶ月の中で、肌荒れのひどい時期があったり、イライラしたり、逆に調子が良かったりする時期があるなどは、すべて女性ホルモンの分泌と関連します。

月経前症候群(PMS)は、女性なら誰にでも出る症状で、自然な生理現象ともいえます。
女性の体内では,

エストロゲン(卵胞ホルモン)
プロゲステロン(黄体ホルモン)
という2つの女性ホルモンが、バランスよく分泌されています。

☆エストロゲンには、母体を守る働きがあり、様々な面で全身にわたる保護作用が働き、女性の健康のカギを握っています。
エストロゲンは、肌や髪にツヤを持たせ、バストにハリを持たせ、骨を丈夫にするなど女性らしさを作る働きをします。
エストロゲン優位期には心も体も快調で、肌の調子も良く、気分も安定してイキイキしています。

☆プロゲステロンは妊娠の準備をするために子宮内膜をふかふかにして、妊娠した場合にはそれを維持する働きがあります。
プロゲステロン優位期は、ボッーとして、水分や血行が滞り、肌荒れ、腹痛、肩こり、便秘などの不調が出やすくなります。 プロゲステロン優位期は、女性の体にとっても重要な時期でもあるので、体の調子を落とさないように気をつけなければなりません。

ストレスや過度なダイエット、不規則な生活などにより、この2つのホルモンバランスが崩れると、生理不順や無月経になったり、肌や髪・骨などに影響が出てきてしまいます。ホルモンバランスの崩れは、体を老化させる原因になることが最近わかってきました。