手帳・システム手帳の使い方、活用法、リフィルなどの通販のご紹介




手帳、システム手帳の使い方とは!

ないよりはあった方がいいものは、「お金」、そして「時間」。
宝くじにでも当たらない限り、お金はある程度の時間をかけて労力を注ぎ、はじめて得られるものです。
時間とお金は密接に関係しています。まさに「タイムイズマネー」。

つまり、「時間」は「お金」を得るための最重要ツールということになります。

その時間をコントロールするための最重要ツールが「手帳」、または「システム手帳」です。

1日は24時間。誰であってもそれは完全に平等。
同じ24時間というツールを使っても、成果を上げる人と、そうでない人がいます。

これはなぜなのでしょうか???

手帳を使えば全て上手くいくわけではありませんが、時間管理という視点からみれば手帳システム手帳は使った方が有利に違いありません。

24時間という枠をどのように活用していくのか。
やはり、時間の密度を上げることに尽きます。

大切なのは、時間より行動を管理すること。

手帳は、行動を管理する最適のツールです。

24時間という時間は増やすことも減らすこともできません。
手帳を活用してできること。
それはやはり『セルフマネージメント』、つまり自分自身の行動管理です。

メール、電話、ファックス、会議や命令、指示など、いかに自分の行動をコントロールできるかで結果に大きな差が出てきます。

自分の行動の舵を自分自身で取ることは、成功だけでなく様々な快適な状態をつくり出します。

頭の中の整理
行動計画
迷うことがない
集中できる
仕事の効率化
それらの結果、仕事量を増やしながら、余暇も増やすことができる


つまり時間に余裕ができ、プライベートの楽しい時間も確保できるようになり、
働くことや自分の目的に向けた行動そのものもより楽しく充実させることが可能になります。

多くの成功者が愛用するフランクリン・プランナーのシステム手帳

スティーブン・R・コヴィー博士が書いた世界的ベストセラー
7つの習慣―成功には原則があった! 』(キングベアー出版)
の中でのコヴィー博士の言葉、

「全てのものは2度作られる」
 
この言葉の意味は、あらゆるものは、最初に設計や計画といった知的創造、そしてそのあとに物的に創造されるということです。
世の中にある全ての物は、まず誰かがどんなものを作ろうかと頭の中で描き、設計図を作ります。
これが知的創造、つまり1度目の創造です。
そして2度目に、その設計図をもとに実際に製品や作品が創造されます。
コヴィー博士はこれを指して2度作られると言っています。

これは仕事や勉強、さらには人生そのものにも当てはまる考え方といえます。
人生の設計図を描く。

知的創造を省略して(計画なしで)、物的に創造を試みる人が意外に多いのではないでしょうか?
それが何であれ、設計図のない家を建てるように、不安定な結果を生んでしまいます。

この人生や毎日の生活を設計するツールが手帳であり、システム手帳です。
手帳のリフィルに、自分がこうありたい、こうなりたいという設計図を描いていくことで、思い描いたとおりの人生を歩むことができるようになります。

手帳は人生の案内人にもなり得るという事実。
しかし、ただ手帳に書けばいいというわけではありません。
習得すべきコツのようなものもあります。また、自分と向き合うことも必要です。

自分に正直に、少しの時間を割いて取り組めば、誰でも自分を描き、歩き始めることができるはずです。
★(参考サイト)⇒フランクリン・プランナー
★(新刊)人生は手帳で変わる―フランクリン・プランナーでつかんだ成功物語 成功の鍵は「時間管理」にあった!
★(関連本)『人生は手帳で変わる』シリーズ

システム手帳活用の基本

代表的なシステム手帳のサイズ

バイブルサイズ
リフィルの大きさ 縦170〜171mm x 横95mm 穴数6個
ミニ6穴サイズ (ポケットサイズ)
リフィルの大きさ 縦126〜127mm x 横80mm 穴数6個
A5サイズ
リフィルの大きさ 縦210mm x 横148mm 穴数6個
ミニ5穴サイズ
リフィルの大きさ 縦105mm x 横61mm 穴数5個
システムダイアリー
リフィルの大きさ 縦140mm x 横84mm(黄金比) 穴数8個

使いやすいシステム手帳の選び方

手帳の携帯性は?
いつも携帯することを考えると小さい手帳ほど便利。しかし、記入スペースは限られます。手帳を常に持ち歩いて利用するのか、それとも待ち歩かないで机などに置いて利用するのかによって、選ぶ手帳のサイズは決まります。
手帳の収納場所は?
持ち歩いて利用するのであれば、その手帳を主にどこに収納するかによってサイズが決まります。特に男性は、ワイシャツのポケットに収納するか、カバンに入 れるのかで選ぶべきサイズが決まります。また、バッグに収納する場合でも、バッグの内ポケットに入る大きさかどうかも検討すべきです。手帳の収納場所を常 に決めておくことにより、すぐに取り出せたり、紛失を防ぐこともできます。
メモの文字量は?
記入するスケジュールやメモなどの量。記入量が多いほど、大きめのものを選ぶことになります。また、意外に盲点なのが、自分の書く文字の大きさ。大きな文字で書く人は記入スペースが広いものを選ばないと意外にストレスにもなります。

フランクリン・コヴィー・ジャパンの新刊のご紹介

フランクリン・プランナーを日本で発売以来、私たちは、手帳による時間管理のノウハウを通じて、数多くの方々の成功をサポートし てきました。『人生は手帳で変わる―フランクリン・プランナーでつかんだ成功物語 成功の鍵は「時間管理」にあった!』 は、フランクリン・プランナーの活用を通して、ユーザーの方がどのようにプランナーと出会い、自分自身を変え、そして「私的成功」を収め たかを紹介するものです。

ここに登場する方々は、社会的に著名な方々でなければ、特別に何かをなしとげた方々ではないかもしれません。しかし、例外なく自分の人生の道筋を自分で描き、自分自身の「私的成功」を勝ち取った方々です。そしてそのサポート役としてフランクリン・プランナーを絶えず活用していただ いた方々です。

本書 は、フランクリン・プランナー・ユーザーによる成功を「目標達成」「ミッション・価値観の探求」「生産性の向上」「モチベー ションの向上」「ライフバランスの充実」の5つの章に分類し、フランクリン・プランナーを使ったことのない方でも、ユーザーのハウツーが理解しやすいよう に、章の巻頭に「タイムマネジメント・コラム」を掲載しました。

フランクリン・プランナーは、単なる手帳ではありません。誰にでも平等な貴重な時間を効果的に活用するために考案された、タイムマネジメント・ツールです。

本書「人生は手帳で変わる-」 を通じ、「タイムマネジメント」の重要性を認識し、時間管理がやがて人生管理につながり、今日の成功が人生の成功につながることをご理解いただけるでしょう。

フランクリンプランナー独自のリフィルサイズについて

フランクリン・プランナーのサイズは3種類。小さいサイズから、

ポケット(PO) (リフィルサイズ:153X89mm)
コンパクト(CO) (リフィルサイズ:172X108mm)⇒※バイブルサイズと同じ
クラシック(CL) (リフィルサイズ:216X140mm)

という名称です。
このうち、コンパクトサイズはいわゆるバイブルサイズと同じリングサイズですが、若干リフィルの横幅が広くなっています。 ポケット、クラシックの両サイズはフランクリン・プランナー独自の規格です。
サイトMENU
ブランド・システム手帳
スポンサードリンク

サイズ毎のリフィル収納枚数
リング径 収納枚数
30mm 約250枚
25mm 約200枚
15mm 約100枚
11mm 約65枚
8mm 約55枚